偏食する子どもへの対処法

子供の偏食

子供の中には、好きなものばかりを食べて、嫌いなものは一切食べないことがあります。
そのような偏食は、栄養のたまにも良くないことです。
成長するためには、栄養を摂ることが大切です。

とはいえ、偏食を無くすための方法を悩んでしまいます。
いくら、「大きくなるためにも食べなさい」と話しても、聞く耳を持たない子供も居ます。

無理やり食べさせても逆効果になってしまいます。
このように、偏食の問題は深刻です。
大人になる前に直した方が良いため、対策を練りましょう。

野菜作りを一緒にする

野菜を嫌いな子供が多いです。苦い野菜などがあるため、子供が嫌ってしまいます。
しかし、野菜こそが栄養の塊です。
野菜を好きにさせるためには、一緒に野菜を育てると良いです。

種から子供と一緒に育てて、実になった瞬間に食べます。
自分で作った野菜には、愛着があり、食べる子供が多いです。
また、取り立ての野菜はとても甘くて美味しいです。

野菜を育てることにより、責任感も身に付きますし、野菜に対して愛情が生まれます。
そうすると、次第に通常の野菜も食べられるようになります。
どうしても「野菜は苦い」というイメージがあるため、食べないことになってしまいます。

まずは、その考えを変える必要があります。
野菜の美味しさが分かれば、食べるようになります。
もしかしたら、嫌いが好きに変わってしまうこともあるかもしれません。

将来のことを想像させる

子供でも、きちんと将来の夢を持っていることが多いです。
具体的な夢で無くても、未来予想図を描いています。
食事をしているときに、その話をします。

子供に「将来、何になりたい?何をしたい?」と聞き、将来を想像してしまいます。
その話の中に「そのためには、元気に大きくならないといけないね」と伝え、偏食をしないで何でも食べるように上手く促します。
そうすると、「夢を叶えるためには、食べないといけない」と思い、偏食をしないようになります。

嫌いなものを食べることができたら褒める

色々なお話をしたり、対策をしたりして嫌いなものを食べることができたら、思いっきり褒めてあげることが大切です。
子供は素直であるため、褒めてあげるととても喜びます。
きっと、「好き嫌いをしないで何でも食べると、先生が褒めてくれる」と認識し、嫌いな食べ物でも積極的に食べるようになるはずです。

それが子供の成長であり、喜ばしいことです。
子供が嫌いな食べ物を食べてくれた時、それは自分にとって自信に変わります。

真剣に子供と向き合い、接すると気持ちが伝わります。
「まだ子供だから分からない」のではなく、子供でも分かるような言葉を選んで伝えることが大切です。
子供の目線になって考えると、分かりやすい伝え方が見えてきます。

Comments are closed.