いじめ問題への対処法

目をそらさず向き合うこと

子供のいじめは、深刻な問題です。
最悪の場合、子供が命を落としてしまうことがあります。
子供と関わる仕事をしている人にとっては、それは絶対に避けたいことです。

いじめ問題を解決するためには、その問題に目をそらさないことです。
しっかりと子供と向き合う必要があります。
そして、いじめが起きてしまう原因を考えます。

難しいことかもしれませんが、子供のためにも考えてみることが大切です。
原因を見つけることができなくても、考えているうちに良い解決方法が見つかるかもしれません。

子供のサインに気付く

いじめられている子供は、先生に何かしらのサインを出します。
先生のことをじっと見たり、何か言いたいことがあるような様子を出したりします。
この時に、なるべく早く気付いてあげることが大切です。

たとえ仕事が立て込んで居ても、子供の話しに耳を傾けましょう。
子供に「どうした?」と声を掛けるだけでも違います。
そうすると「先生は私の味方だ」と認識し、いじめられていることを素直に話してくれるかもしれません。

いじめを打ち明けてくれた時に、「先生は味方だ。力になるよ」と笑顔で伝えましょう。
その「味方」という言葉に救われます。

その他にも、元気が無い場合や笑顔が減っているなどいつもと違った場合にも、声を掛けると良いです。
先生にサインを出せない子供も居るため、常に様子を見ておくことが大切です。
1人で抱え込んでしまうことがあるため、先生が早く気付きましょう。

いじめている人の気持ちも考える

いじめをすることは、人として最低なことです。
そのため、いじめている子供を怒るはずです。
人を傷付けることはいけないため、怒ることは当然です。

しかし、もう少し考えてみると、いじめている人を怒るとさらにいじめがエスカレートしてしまうことも考えられます。
そして、いじめをする原因が何かしら必ずあります。
いじめられている人の辛い気持ちを想像することはできますが、いじめている人の気持ちは理解することができません。

だからこそ、いじめている人の気持ちをじっくりと考えます。
そして、まずは怒るのではなく、話を聞きます。
全て話を聞いた上で、共感することができることは共感をし、間違っていることは間違っていると伝えます。

最後に「どんな理由があっても、人を傷付けてはいけない」とはっきりと話すことが大切です。
いじめている理由を聞かずに、ただ怒るだけだと、さらに怒りに火をつけてしまうことがあります。

いじめられている子供の気持ちも、いじめている子供の気持ちも考えると時間がかかってしまうことになるかもしれませんが、このいじめ問題は慎重に考えましょう。
それがいじめ問題を無くす、第一歩です。

Comments are closed.