職場の人間関係を良好に保つには

気疲れしないために

仕事をするためには、体力を使います。
いくら座って作業する仕事でさえも、体力を使っていることが多いです。
そのため、仕事が終わった後に「疲れた」と感じます。

さらに、体力だけではなく、周りの人に気を遣います。
良い人間関係を築くことを頭に入れているからこそ、気を遣ってしまいます。
ただでさえ、仕事で疲れているのに人間関係までも疲れてしまう程ならば、ストレスが溜まる一方です。

そうならないために、「人間関係くらいは良くしよう」と心掛けます。
周りに気を遣っていると、良い人間関係を築くことができるかもしれませんが、そうすると本当の自分を出せずに、疲れてしまうことが多くなってしまいます。
それを防ぐために、あまり深く考えずに自然体で居ることが大切です。

ライバルを作らない

仕事上、あまりライバルを作らない方が良いです。
もちろん、ライバルが居た方が、仕事が捗る人は居た方が良いですが、全ての人がそうとは限りません。
ライバルが居るだけで、仕事にいくことが嫌になります。

また、その人をライバルにしか見えなくなってしまい、あまり関わっていなくても「嫌な人」と決め付けてしまいます。
本当は良い人だとしても、ライバルであることを思うだけで、頭の中で勝手なイメージを付けます。
そうならないためにも、無理にライバルを作らなくても良いです。

その方が、人間関係が上手くいくこともあります。
ライバルとして見ないで、その人の良いところや自分との共通点を見つけましょう。

仕事上で付き合う

職場の人とは、仕事上の付き合いとして、上手く付き合うことが大切です。
友達として付き合うと、逆に上手く行かないことがあります。
同僚と友達の違いは、少し難しいです。

友達は、気が付くと自分と似ていることが多いです。
どこか似ていて、そこに親近感が沸き、仲良くなっていきます。
もしも、自分に合わない人が居る時は、無理して付き合わなくても問題はありません。

しかし、職場の人間関係は違います。
職場には、色々な人が居るため、自分と合わない人も出てきます。
それでも、上手く付き合っていかなければいけません。

友達探しのように「自分と合わないから付き合わない」とはなりません。
そこは、仕事のみ付き合うことを頭に入れます。
仕事が終わった後は、無理して付き合わなくても良いため、気楽に考えましょう。

常に笑顔を心掛ける

人は、笑顔のある方へ寄っていきます。
無表情の人よりも、ニコッと笑っている人と話したい人が多いはずです。

仕事が大変だったり、嫌な人が居たりするかもしれませんが、なるべくならば笑顔で居ることを心掛けましょう。
笑顔で話をすると、相手も笑顔になってくれ、話が盛り上がります。
次第に仲良くなり、会社に居ることが楽しくなるはずです。

Comments are closed.