資格イロイロ

子どもと関わる仕事には様々な資格があります。
もちろん、仕事として子どもと関わりながら働いていきたければ、

資格の必要ない仕事

特別な資格を取得しなくても働ける職場は色々とあります。005779
子どもと関わる仕事は、多種多様、色々な仕事があるからです。

例えば保育園で勤務する保育士となると話は別ですが、
主に赤ちゃんなどをお預かりするベビーシッターなどは、資格がなくても大丈夫です。

それから、意外と子どもと接する機会が多い美容師などは、特に子どもに関する資格は必要とされていません。
そして最近親子連れで来店するお客様も多いと言われるネイルサロンでも、
特別に子どもに関する資格を求められるわけではありません。
ではどうして様々な資格が用意されているのでしょうか。

こちらのサイトでもかなり膨大な数が挙げられています。
子どもと関わる仕事という括りで見てみると思った以上にその手段が多いことに気づくのではないでしょうか。
hibiscus-icon-005子供と関わるお仕事図鑑|項目一覧

 

また、子どもと関わる仕事に関する資格として知られているところでは、保育士の資格や、
幼稚園教諭の資格などがあります。これらは最も一般的に知られている資格で、
保育園や幼稚園で勤務するためには絶対に必要な資格となります。

保育士などは子どもと関わる仕事を代表する仕事で、子どもに関するスペシャリストなので、
国家資格であるこの資格をしっかりと取得して子どもについての知識を身に着けてから勤務しなければなりません。
幼稚園教諭についても同じことが言えます。

知られていない資格

それからあまり知られていないところでは、
預かれる子どもは4人までとされている少人数の保育のスペシャリストであるチャイルドマインダー。
依頼者の自宅で保育を行うベビーシッター。
赤ちゃんから小学校低学年までの子どもに自然療法などを用いてホームケアを行うチャイルドケア。
子どもが過ごしやすい環境作りのサポートやカウンセリングを行うチャイルドコーチングなどがあります。

このような子どもに関する資格はなくても子どもと関わる仕事をしていくことは可能です。
しかし、子どもとは予想外の行動をとり、予想外のことが起きるものです。
突然の事故や怪我、または病気などです。

また、子どもの周りには大人の目線では分からないような危険が潜んでいたりもするものです。
赤ちゃんによる誤飲などがそうです。
こういったことは、子どもに関する知識があればある程度予想をつけて危険を回避したり、
しっかりとした対処をしたりすることができます。

そのためにこういった子どもに関する資格があり、子どもについての知識をしっかりと学べるようになっているのです。
子どもに関わる仕事に就きたいのなら、一つの資格ではなく複数の資格を取得し、
子どものことを様々な方向から見てあげられる子どものスペシャリストになりましょう。

hibiscus-icon-005保育士~作成中~
子どもと関わる仕事として、真っ先に思い浮かぶ保育士の資格について説明します。

 

hibiscus-icon-005幼稚園教諭~作成中~
保育士との一番の相違点は幼稚園は教育施設であるという点です。

 

hibiscus-icon-005チャイルドマインダー~作成中~
日本では、認知度が低いですがイギリスでは歴史のある資格のチャイルドマインダーについて。

 

hibiscus-icon-005ベビーシッター~作成中~
最近では、日本でも有名になってきたベビーシッターの資格を取り上げます。

 

hibiscus-icon-005チャイルドケア~作成中~
アロマやハーブを使って子どものホームケアをする職業です。近年では日本でも注目を集めている資格です。

 

hibiscus-icon-005チャイルドコーチング~作成中~
聞きなれない資格ですが、ストレス社会における子どもをケアするための職業で
今スキルアップのために取得する人が増えています。

 

Comments are closed.