チャイルドケア

チャイルドケアという仕事は、なかなか聞きなれない仕事だと思います。
チャイルドケアとは、アロマやハーブなどの自然療法を用いて、子どもにホームケアを提供する仕事です。

具体的にはアロマオイルを使用したアロマセラピーや、赤ちゃんとその保護者との心のふれあいにもなるベビーマッサージ。
心のケアに役立つ子どものためのハーブティーや東洋医学までといったさまざまなケアを、赤ちゃんから小学校低学年までの子どもと、その親も対象にして行っていきます。

保護者まで一緒にケアをしていくのが、チャイルドケアの特徴なのです。
自然療法で、身体のケアだけではなくメンタルのケアまで行い、子どもと親の心と身体、トータルでケアをしていくのがチャイルドケアの仕事です。

チャイルドケアの資格は、日本アロマコーディネーター協会の講座で所定のカリキュラムを受け、認定試験に合格することで取得することができます。
試験は記述式の小論文試験となっており、最大の特徴は、在宅で受験ができるというところです。

そのため、現在他の仕事をしている人でも、なかなか外に出るのが難しい主婦でも受験することが可能なのです。また養成講座の受講期間は1年間で、受講する際の条件は特にありません。

したがって、たとえ子育ての経験がなくても、子どもに関する他の資格を有していなくても、男女問わず受講することができるのです。
チャイルドケアの資格を取得すれば、その後はチャイルドケア・コーディネーターとして、様々な場所で活躍することができます。

チャイルドケアは、もともとは海外の保育園などで取り入れられていたようですが、最近では日本でも注目され始めています。
母子を対象としたセミナーで講師として活動したり、産婦人科で、妊婦や乳幼児に対してケアを行ったり。

また、ベビーマッサージの指導者として独立開業するという道もあります。
チャイルドケアの講座では自然療法に基づいたさまざまなケアの方法を学ぶことができるので、保育士やベビーシッターなど、子どもと関わる仕事をしている人の、ステップアップのための資格としても人気が出てきています。

チャイルドケアの資格を取得することで、仕事の幅を広げることができるのです。現代は核家族化により、子育てについて相談できる人が身近にいない母親も多く、不安を抱える保護者が多くなっています。

そういった保護者たちの不安を理解し、心に寄り添い、親子共々幸せに成長していけるよう手助けをしてあげるのが、チャイルドケアの最大の目的なのです。

Comments are closed.