チャイルドコーチング

チャイルドコーチングとは、どのような仕事でしょうか。
チャイルドコーチングは、保育士や幼稚園教諭、また小学校教諭やカウンセラーまで幅広く子どもと関わる仕事をしている人が、自分のスキルアップのために取得する資格としても注目を集めている資格です。

もちろんチャイルドコーチング単体でも仕事はできるのですが、その内容から、子どもと関わる仕事をしている人などからも注目を浴びているというわけです。

それは、チャイルドコーチングがより深く子どものことについて学ぶことができ、自分の本来の仕事にも活かしていくことができる資格だからです。
その内容とは、子どもが自発的に考えて、学び、行動することができるよう環境づくりのサポートをしていくといった内容になっています。
自分でも気づかないようなストレスに悩まされている子どもたちの助けになってあげることがチャイルドコーチングの役割です。

チャイルドコーチングの資格を取得するには、日本能力開発推進協会が主催する試験に合格しなければなりません。

そうすれば、子どもの潜在能力を引き出す技術を持つということを証明する資格を与えてもらえます。
この試験を受けるための条件は、この協会が指定する教育機関が実施する養成講座の、すべてのカリキュラムを修了しているということです。
この条件さえ満たしていれば、誰でも受験が可能です。

またこの試験は随時実施されていて、在宅で受けることができるので、比較的受けやすい試験となっています。

ストレス社会と言われる現代では、大人だけではなく、子どもも多大なストレスを受けています。

またこのようなストレスから心の病へと発展してしまう子どもたちも少なくありません。
そんな子どもたちを救うためにチャイルドコーチングが存在します。
チャイルドコーチングが、学校生活や家庭での悩みなど子どものストレスの元となっている原因に気づいてあげ、その悩みや不安を取り除いてあげることが必要なのです。

したがってチャイルドコーチングは、子ども社会である保育園や学校だけではなく企業や自治体でも必要とされる職業となっています。
セミナーなどの講師として活動することもできますし、学習塾の講師や、カウンセラーとしても活動することができます。

また、自治体などが行っている無料相談の相談員としても活躍することができるのです。
チャイルドコーチングは今やさまざまな場所で必要とされている資格なのです。

Comments are closed.