東京福祉専門学校

東京都江戸川区にある東京福祉専門学校は、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、作業療法士、そして保育士を育成するための福祉の専門学校です。
この専門学校は、福祉業界、医療業界、保育業界と連携しており、まだ在学している間から、高齢者の方々、患者様、小さな子ども達と実際にふれあうことができます。

そして、人のためになることを経験し、誰かのために役に立てたということを実感しながら学んでいくことができるようになっています。

そしてたくさんの経験を積み重ねることによって多くの人々から必要とされる福祉のプロフェッショナルになることができるのです。

3年かけて学ぶことのできるこども保育福祉科では、学校内に建てられている「みんなの遊々保育園」という保育園で、子どもたちや保育士と実際に交流することが授業の中に取り入れられています。そして毎週一人の先生として子どもたちとふれあうことができるようになっているのです。
いつも大好きな子どもたちと一緒です。
実際に子どもたちとふれあうことにより、子どもと関わる力を身につけていくことができるのです。

それから、ピアノや手遊び、ゲームなど授業の中で学んだことを、「こども教室」という実際に子どもとふれあう授業ですぐに活かすことができるので、確実に実践力が身についていきます。

また、「ワーク&スタディ制度」という制度で、昼間は実際の現場で働きながら、夜間は学校で学ぶという方法を選ぶこともできるようになっています。

これは、学校と連携している協力提携施設の求人を学校が紹介してくれ、その中から自分が働きたいと思う保育園を選び、実際に働くことができるというものです。
そうして、学生でありながら仕事のやりがいというものを肌で感じつつ、知識や技術を身につけていくことができるのです。
仕事中には学べないような細かい知識などは、夜学校でしっかりと学ぶことができます。

そして最大の強みは、学校や保育園の先生、地域の子どもたちのお母さんなどがみんなで生徒の成長を見守ってくれていることです。そのため安心して子どもと関わっていくことができます。

こうして、東京福祉専門学校では福祉業界、医療業界、保育業界と共に学生を育てていくということを実践していますので、求人数、卒業生数、国家試験合格者数など、色々な面で高い実績があるのです。
国家試験合格者数などは、全国でもトップクラスです。

子どもと関わる仕事をするために実践的な授業を受けたいのなら、ぜひ東京福祉専門学校をのぞいてみてください。

Comments are closed.