子どもと関わるお仕事とは

子どもと関わる仕事と言ったらまず思い浮かべるものは、保育士、ベビーシッターなどではないでしょうか。
これらの仕事は子どもと関わる仕事として代表的な仕事で、誰もに認知されている仕事です。
子ども好きな女性が、まず一番になりたいと思う職業が保育士ではないでしょうか。

保育士

保育士という職業が一番身近で、
赤ちゃんから幼児期といった最もかわいい時期の子どもと関わることができる夢の職業です。

またベビーシッターも、保育士とはまた違った目線で、もっと子どもと深く、
まるでわが子のように関わることのできる、幸せな職業です。

それでは、これらの職業以外にはどのような仕事があるのでしょうか。
子どもと関わる仕事と一口に言っても、様々な分野があります。
その職業は、保育をはじめ、教育、美容と多岐に渡るのです。

まず、保育の代表と言えば保育士です。それからベビーシッター。
そしてあまり知られていないところでは、少人数の子供と密に関わることができ、
保育士などからの転職も多いと言われているチャイルドマインダーがあります。
こちらの仕事は、子どもと関わる職業に就いている女性の間では人気の職業となっているようです。

また、子どもにアロマやハーブといった自然療法を取り入れた、
ホームケアを施すことを仕事とするチャイルドケアという職業。
こちらもあまり知られてはいませんが、母子を対象としたセミナーや、産婦人科などで活躍しているようです。

そして保育所や児童福祉施設などのセミナー講師や相談員として活躍しているチャイルドコーチングという仕事があります。
こちらは、子どもが自発的に考えて行動することができるように環境を整えるサポートをする仕事となっています。

そして教育の分野では、0歳児から通える教室もある英会話スクールの英語講師、
幼児のうちから楽しく教育をしていく幼児教室の講師などがあります。

美容分野も

また子どもと関わる仕事として意外なジャンルになりますと、美容の分野があります。
子どもと関わる仕事で美容の分野の仕事があるとは意外な気がしますが、
身近なところで意外と子どもと接する機会の多い美容師や、
子どもを連れて来店される方も多いというネイルサロンで働くネイリストなどです。

このように、まだまだ挙げればきりがないほど、子どもと関わる仕事は存在しています。
子どもと関わる職場に就職することを目指すのなら、
偏った見方ではなくぜひ多岐に渡る分野に目を向けてみて、選別する範囲を広げてみましょう。

hibiscus-icon-005保育士
子どもに関わる仕事として浮かびやすい保育士について紹介します。

 

hibiscus-icon-005美容師
意外に思うかもしれませんが、美容師も実は子どもと接する機会が多い仕事と言えます。

 

hibiscus-icon-005ネイリスト
最近では、子どもを連れてくる若いお母さんがネイルを楽しむことも珍しくなくなってきました。

 

Comments are closed.