保育士

やはり子どもと関わる仕事として一番最初に連想されるのが保育士です。
子どもが好きな女性の代表的な職業として真っ先に挙げられると思います。
小さな子どもの憧れの職業としてもよく挙げられています。

優しく子どもからも憧れの存在

それほど子どもたちから見ても、優しそうで楽しそうで幸せそうな憧れの職業なのです。
かわいい子供たちに一番ふれあうことができて、楽しいイメージを抱かれている保育士は、
子どもと関わる仕事の中でも一番人気の職業と言えるでしょう。

子どもが好きな女性にとってはまさに天職で、
保育所で毎日子どもたちのお世話ができるという環境はとても素晴らしい環境です。

そして予測不可能な子どもの成長を見守ることは、
驚きと感激の繰り返しです。保育士は、子どもに関してのスペシャリストなのです。

仕事内容

保育士の仕事は意外ととても複雑で、しなければならないことがたくさんあります。

まずは、子どもに食べる、寝る、着替えるなどの基本的な生活習慣を身に着けさせるということ。
給食やお昼寝などで、しっかりと教えていきます。

そして教えながらもまだ小さな子どもたちですので、身の回りのお世話をしてあげなければなりません。
それから、集団生活を通して、協調性などの社会性も身に着けさせます。
自宅にいるだけではなかなか学べない社会性を、保育所で身に着けられるよう手助けをしてあげるのです。

そして遊びが仕事と言われる子どもたちとしっかりと遊んであげることによって、
心身の健全な成長の手助けをします。
そのためには、必要な教材を選んだり考えたりすることも立派な仕事です。
そして四季折々、一年間通しての様々な行事を計画し、実行していかなければなりません。

そうして、色々な仕事を通じて、子どもの自立心や社会性、感性を育てていくのです。

また保育士の仕事とは子どもと接するだけではなく、その保護者とも関わっていかなければなりません。
子育てが初めての保護者や、そうでなくても手助けを必要としている保護者に、
教育などのアドバイスやサポートをすることも仕事の一つとなります。

保育士は、子どもに関してのスペシャリストとして認識されていますので、
保護者に対しても子どもに関する的確なアドバイスができなくてはなりません。

そして地域社会と深く関わり貢献していくことも仕事のうちの一つです。
老人ホームなどでのお年寄りとのふれあいや、地域行事への参加も立派な仕事となります。
地域社会との関わりは子どもの社会性を身に着けるための良い教育になります。

このように保育士の仕事は様々ですが、とてもやりがいのある仕事です。

Comments are closed.