病院(小児科)

小児科の仕事内容

小児科には一般の成人科にはない特徴があります。
子供を診るだけが小児科の仕事ではありません。
当然、患者の子供だけじゃなく親への対応も重要です。

子供が好きで小児科で働きたいという方は多いでしょう。
ですが、治療方法などについては子供だけじゃ決められないことがほとんどです。
そこで必然的に親御さんとのコミュニケーションが多くなります。

患者への対応はもちろん、親御さんへのしっかりとした対応が出来るかどうかがポイントです。

また、小児科の場合は緊急入院なども多く、時間が読みづらいという点があります。
食事の介助や寝かしつけもありますし、幅広い仕事が看護の中に含まれています。

インフルエンザの時期になると予防接種の患者が増えますし、インフルエンザが移るなんてことも考えられます。
予防接種はワクチンの種類だけでも沢山あります。
仕事内容以前に仕事に関わる知識について覚えるだけでも本当に大変です。

仕事はなんでも、覚えることが必須です。
でも覚えなければいけないことでさえ、好きでなければできない。

小児科での仕事内容は一言で並べることができるものではないということを覚えておいてください。

やりがいはどんなものがあるのか

小児科で働いている看護師の方が、小児科でのやりがいを挙げるとしたら以下の通りです。

・小児科のやりがい
小児科は成人の全ての科が集まっています。
子供のことだけでなく、病気や治療の観点から沢山のことを学ぶことが出来ます。

子供が好きな方が小児科で働くということが多いので、子供と間地かに接するぶん子供の笑顔がやりがいだという方が多いでしょう。

小児科の仕事自体はとてもハードです。
親との関わり合いも大変です。
でも子供の笑顔を見ると元気になれるという方が多く、やりがいを感じる点だと言われています。
子供が好きな方は本当に大変さやつらさも含めてやりがいを感じることが出来る職種でしょう。

資格・スキル

まず看護師になる資格が必要なことは当然です。
小児科で働く為の知識は最低限必要です。

ですが、知識よりも最も必要なことは忍耐力でしょう。
子供は常に理性的な行動を取ってくるわけではありません。

泣きわめく子もいれば点滴というものがわからず暴れまわり、点滴を抜く子もいます。
薬を与えるだけで何時間もかかることだってありますし、泣きわめく子供を抑えての処置もあります。

そういった子供への対応も業務の一つ。
円滑に看護するために順応しなければいけません。

親御さんへの対応に疲れて小児科を辞めたという方も。
知識だけでなく、そういった経験ものちに生かせるようになってくるお仕事です。

病院と一概に言っても小児科にはいろんな苦難があり、楽しさがあり、毎日が学ぶ場です。
経験をつんで増える知識もある。
資格というよりもスキルが必要な仕事ですね。

Comments are closed.