中学校教師

中学校教師とは

中学校では国語や社会、英語、数学など個人の専門教科を教えるシステムになっています。
授業以外でも、クラス担任を受け持つほか、生活指導やクラブ活動指導、学校行事の参加やPTAなど仕事は様々です。

中学校と言えば進路を決めるための大切な3年間。
子供が大人になる為の大切な時期なので、進路を決めるために必要な指導をしなければいけません。

中学校では個性や才能を伸ばせるよう指導を行います。
非行などの問題もありますし、仕事が多く責任感も必要です。

障がいを抱えた子への専門的な指導もあります。
その為に必要な知識を身に着け、問題へと取り組む、とてもやりがいのある仕事です。

成長過程の中で中学校経論は、子供へ大きな影響を与えます。
1人の先生との3年間という生活の中で数多くのことを子供たちが学んでくれるでしょう。

教材の準備、テストの作成や採点、部活での指導や生徒、保護者との懇談など多忙です。
労働時間は10時間を超えるという方もいれば、家に持ち帰って仕事をするという方もいます。

部活の顧問として休日も出勤するという方も多いでしょう。

やりがいや楽しみ

公立の中学校の採用は年々厳しい状態です。
ですが、最近では教職員の整数改善計画というものが進み、教科によって少人数指導が取り入れられるようになりました。

中学校教論への転職を考える方も多くなりましたが、その仕事内容の難しさから躊躇する方も多いでしょう。
問題や生徒との難しい悩みもあるでしょう。

その問題に立ち向かい、解決し生徒とわかり合うことが出来る。
そこでやりがいを感じる方が多いようです。

生徒が打ち解けてくれる。
できないと思っていることでも生徒と一生懸命取り組む。

そうした中で信頼が生まれ生徒との生活に毎日やりがいを感じることが出来るでしょう。
楽しみといえばそういった少し大人に近い生徒との新鮮な学校生活です。

「個人を教育する」のではなく「集団で社会性を育てる」という場所です。
ですから、生徒一人一人とのやり取りや一致団結して取り組む行事などでは先生にとってかけがえのない学校生活となるでしょう。

求められるスキルとは

中学校の教論になるには、大学を卒業することで得られる中学校教論1種。
短大卒程度で受けることが出来る中学校教論2種。
大学院修士課程修了で得ることが出来る専修があり、教科によって免許状が異なります。

専門の教育機関で、中学校教員養成課程を受ける必要があります。
また、普通免許には社会福祉施設での介護経験が必要不可欠となっています。

免許を取ると効率の中学校に採用されるためには、各都道府県の政令指定都市が実施している採用試験に合格する必要があります。
面接や適性検査を受けなければいけません。

こういったスキルを積んで、数年をかけてやっと中学校教論になることが出来ます。

Comments are closed.