ネイリスト

若い女性が通うイメージの強いネイルサロンですが、最近は意外と子どもを連れて通うお客様も多いようです。
現代の小さな子どもを持つ女性たちは、一昔前と違って家事や育児に必死に追われているというわけではありません。

もちろん家事や育児もしっかりとしていますが、時短をして器用に効率よくこなしているのです。
その上で自分の趣味やおしゃれもしっかりと楽しんでいます。

おしゃれしながら子育て

そしてたとえ小さな子どもがいてもゆとりを持って子育てすることができているのです。
ですから、小さな子どもを抱えていても臆せずどこにでも出かけます。
ネイルサロンにも子どもを連れて行き、一緒にきれいになることを楽しんだりしているのです。
そのため今ではネイリストも子どもと関わる仕事として挙げられるようになったのです。

ネイリストの仕事はその人のファッションやTPOに合わせて、
ネイルアートやジェルネイルなどで爪に素敵なデザインを施す仕事です。
現在はアートも3Dでできるようになっており、素材も様々な物を使用して表現するようになっています。

スカルプチュアネイルにより、仕事上爪を伸ばすことができない人やその他でもなかなかネイルアートを楽しむことができない人でも、自分の好きなネイルを楽しむことができるようになっています。
今やネイルアートの世界の表現方法は無限大です。

手先を綺麗に補強する

また、ネイルアートには手先をきれいに見せるだけではなく、
爪を補強するといった大事な役割もあります。ネイリストの仕事はただ手先をきれいにデザインするだけではなく、
手先本来の美しさを引きだすことも大切な仕事なのです。
どんなにきれいなアートも荒れた手先では美しく映えません。

手先の美しさを保つ、または取り戻すためにハンドケアマッサージやパックなども施してくれます。
そういった意味で、普段水仕事が多くて手先が荒れやすい主婦にも重宝されているのです。

だれもが美しく保ちたいと思う手先、ネイルのスペシャリストであるネイリストは、
こういった理由から意外にも子どもと関わる仕事のうちの一つに分類されます。

また、育児中の主婦でもお洒落はしたいものですが、
ネイルアートにはそれなりの時間を要してしまいますのでその間子どもを見ることができなくなってしまいます。

そのための配慮がされたこちらのネイルサロンでは、保育士の資格を持った方が常駐しているキッズルームがありサービスを受けているお母さんが安心することができます。
hibiscus-icon-005保育士・有資格者在中のキッズルーム|Nail Amuse

 

他にも、ネイルサロンで子供向けのネイルを提供していたり、
子どもを連れて来店した親子向けに、子どもに1本のネイルアートをサービスしたりもしています。

これからはネイリストももっともっと子どもとも関わりが深くなっていくことでしょう。

Comments are closed.