助産婦

助産婦の仕事とは

助産師とは、出産を控えている女性をサポートするお仕事です。
昔は「産婆さん」と呼ばれていましたね。
産婆さんの仕事は出産のときに赤ちゃんを取り上げることを仕事としていました。

歴史深いお仕事で、明治の時代では資格がなくても産婆として活動することが出来ました。
母子保健の安全確保のために1899年に産婆規制というものが作られ、名簿登録が必須となりました。
一定の水準の知識と技術を持っている者だけに免許が与えられるようになりました。

今の助産師の仕事はこの産婆さんの原形です。
100年という月日をかけて法律整備や社会へのニーズへの対応、地位の向上などを経て保健師助産師看護師法の適用により2002年に助産師と名前がつけられています。

看護師や保健師は多くの男性が資格を持ち活動されていますが、助産師は女性のみが取得することが出来る仕事です。
専門的な知識と経験がものを言う仕事なので、実績があるほど働き口は多いでしょう。
大学病院や総合病院の産婦人科や助産院など働く場所は様々ですが、最近では自宅分娩を再度促進している活動も行われています。

基本的には出産に立ち会って、赤ちゃんを取り上げることが仕事です。
そういった認識が強いと思いますが、実は助産師の仕事は他にも沢山あります。

新生児の保健指導や妊娠中の母体の健康管理、妊娠中の食事や運動などの生活指導から分娩に至るまで、あらゆることをサポートします。
母乳育児が推薦されている中、母乳指導や乳児指導などもお仕事です。

妊婦さんの出産から育児に至るまでの流れを管理指導します。
それだけでなく、家族計画始動を行うことも仕事とされています。

出産を経験した方は、「助産師さんがいたからこそ出産することが出来た」といいます。
それだけ助産師は妊婦さんに大きな影響を与え、出産後も一生の想い出となるような存在になるんです。

やりがいや楽しみとは

出産に関する広い知識と技術、判断力で人の誕生に携わる大きな仕事をしている助産師。
責任も大きければやりがいも大きい仕事です。

助産師が支持なしに行える行為は、分娩のサポートのみ。
それ以外の行為は医師の指示のもと動きます。
異常を発見した時や正常分娩ができない時は医師にしか決定権はありません。

ですが反対に考えると助産師は、正常分娩時の補助行為は医師の指示なしに行えることになっています。
医師が「こうしろ」と言わなくても、自ら考えた介助を行い、無事に赤ちゃんが誕生するという場面がほとんどです。

だからこそ出産のときは「助産師さんのおかげで」という感想を言います。
そこが助産師の仕事のやりがいの一つです。

赤ちゃんの誕生よりもなお嬉しい、新しく誕生した母となる方からの感謝の言葉。
それ以上にやりがいを感じることはないでしょう。

Comments are closed.