子供服販売員

4子供服の販売員

子供服の販売員はブランドショップやデパートのテナントなどで子供服を販売するお仕事です。
販売員の資格を持っている方もいれば、アルバイトで働いている方もいます。

子供服を売るからといって、子供と関わるお仕事ではありません。
洋服を販売する相手は親御さんです。
可愛い子供服を売るでも、嫌なお客さんもたくさんいるでしょう。

子供服は1着1着が値段が高い。
1着3000円以上するロンパースなんてザラです。

販売というお仕事ですから、「営業実績」というものがあります。
絶対に商品を売らないといけない、そういったプレッシャーもある中での接客がほとんどです。

赤ちゃん用や子供用の服は、肌触りを気にするというお母さんもたくさんいます。
ですから、話術も必要な仕事です。

楽しいことはなに?

接客で嬉しいことと言えば「感謝されること」です。
子供服と言えば、自分が着るのではなくお母さんが子供に着させるというものがほとんど。
購入して可愛い服を子供に着せる、それを想像して喜んでもらえることこそ販売員にとって嬉しいことではないでしょうか。

店舗ごとには販売員としての売り上げの目標があります。
そこで、販売目標を達成出来た時にも楽しさを感じるでしょう。

接客は、お客様のニーズにどう答えるか、求めているものは何かを応えて、気持ちよく購入してもらえたとき本当にやりがいを感じます。
ファッションに興味がなくても子供に着せる服は楽しく選びますよね。
だからこそ販売員の役割はその楽しさを倍増させる買い物をしてもらうということです。

商品を提案して満足して買ってもらえる、それが子供服の販売ンのやりがいです。

求められているスキル

求められているスキルは「接客力」です。
丁寧な言葉遣い、立ち振る舞いができると役に立つでしょう。

お客様の表情や声から、経験を積んでコミュニケーション力を養うことが必要です。
その為に必要なことは、人と話すことです。

人と話すことが好きじゃないと接客はできません。
経験を積めば積むほど販売員としてより活躍することが出来るでしょう。

販売員としての資格もありますが、特に取得する必要はありません。
ステップアップを図るためには必要ですが、地位を考えなければ資格なしで販売員として働くことが出来ます。

経験を積んで身につくスキル

接客は楽しいことばかりではありません。
お客様とのトラブルもあれば販売に失敗することもあるでしょう。

子供服の販売員として経験を積むとビジュアルマーチャンダイジングの知識を得ることが出来ます。
より見やすくて買いやすい販売店づくりについて理解することが出来るでしょう。

アイテムを変えて、ディスプレイを変更する。
違った角度から商品を見せてよりお客様が楽しく買い物ができるよう努め、やりがいも一層大きくなります。
どうしても悩むことはあるでしょう。
ですが経験と共に更に成長してプロの販売員として活躍することができるお仕事です。

Comments are closed.