保育士の仕事とは

保育士の資格は、公立、私立の保育園や児童施設などに努める際には必ず必要となる国家資格です。
保育士は子どもに関するスペシャリストです。
スペシャリストであるからこそ子どもたちの保護者も安心して大切な子どもを預けることができるのです。

自分が働きに出ている間、安心してわが子を預けることができるのは、保育士に対する絶対的な信頼があるからです。

その信頼はどこからくるのかというと、やはり子どものことに関する勉強をしっかりとし、子どもに関するスペシャリストとして認められて、保育士という国家資格を取得したという経緯があることをわかっているからです。
保護者たちのほとんどが、実際に子育てをしている自分たちよりも、保育士のほうが子どものことについてよく理解していると思っています。
実際そうでなくてはなりません。

保育士の資格は、大学や専門学校などで保育士要請過程の単位を取得して、卒業することで取得することができます。
大学なら4年間、じっくりと勉強することができますし、専門学校なら2年から3年という短い期間で集中して効率的に学ぶことができます。

またその分費用も安くてすみます。資格はこのような学校の卒業と同時に取得することができますが、その前に大学や短大に入学するための試験に合格するという厳しい難関が待ち構えています。

まずはその難関をクリアしなければなりません。
そうして無事入学できたら晴れて、子どもに関する教育を受けていくことができるのです。
その過程では実習として実際に保育園での勤務を体験することもできます。
子どもが好きな女性にとってはこの勉強期間も、とても幸せな時間となるでしょう。

また、年に1回だけ実施される全国統一保育士試験に合格することで資格を取得することもできます。
受験の時点で保育士試験受験資格を満たしている必要がありますが、その試験勉強は、保育士試験対策通信教育などで、自分のペースで勉強していくことも可能です。

しかもこの通信教育なら、教育訓練給付制度を利用することもできます。
デメリットは、通信教育になりますと自分のペースで進めていくことができる反面、自分に厳しく計画的に勉強を進めていくことができなくてはならない点です。

しかし、本当に保育士になりたいという信念があれば問題はないと思います。
このように、保育士の資格を取得する手段は、いくつかのコースが用意されています。

補助を活用する手もあります

他にも、都道府県によっては資格取得の際に補助が出るところもあります。
神奈川県がその一例です。

神奈川県は、行政の支援や補助などが手厚く、幼稚園教諭や保育士が働きやすいエリアです。
資格取得を目的とした講座の受講料の1/2、保育士試験受験料の全額を県が負担してくれるので、幼稚園教諭免許や保育士資格を取得するにはとても充実した環境と言えます。
また、認定こども園や認可保育所・小規模保育所などに無資格で勤務するスタッフが保育士資格を取りたい場合、法人が負担する1/2を県が補助してくれるのも大きなメリットです。
神奈川県の保育士の求人・募集|保育士求人ナビ

こうした補助は、社会人や主婦の人が保育士の資格取得を目指す場合は大きなメリットになるでしょう。
学校に行くお金や時間がない人は一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

自分に合った方法で保育士の資格を取得して、保育のスペシャリストを目指しましょう。