1. >
  2. >
  3. 児童英語教師

児童英語教師とは

児童英語教師

幼児から小学生以下の児童を対象に英会話を教える教師です。

英語そのものを教えるだけではなく、子供たちに欧米の文化や習慣を伝え日本とは異なる文化への理解を育む役割もあります。

必要な要素は子供と接すること、英語が好きであることが前提です。

そして、子供たちを飽きさせずに楽しませながら教えるテクニックとコミュニケーション能力が重要です。

指導者としての英語力を身につけ、グローバルな視点を持って子供たちのために指導ができるスキルがあることが理想となります。

児童英語教師を目指して海外の大学に入学し学ぶという人も少なくありません。
本場の文化や歴史をその土地で学ぶことは、教師として指導するにあたり必ずプラスに働きます。
高校生の方で児童英語教師になりたい方は、大学留学も検討してみてください。
高校生のアメリカ留学│NCN米国大学機構

児童英語教師の仕事内容

絵本や音楽を通して子供の心をつかみ、英語を教えます。子供が英語を好きになるように英語学習の楽しさを伝えるのが仕事だといえるでしょう。

グローバル化が進む現代、国際社会でコミュニケーションをとれる日本人になれるよう、働きかける役割があります。

児童英語教師のなり方

特に必要な資格はないため、児童英語教師として採用されれば子供たちに教えられます。

民間の英語スクールで働く方法があります。雇用形態はパートやフルタイムを選択可能。

収入も安定していて、指導方法について先輩や上司に相談できる環境にあります。

ネイティブスピーカーの外国人とも接する機会もあるので、英語力をチェックできます。

他には自宅を使って英会話教室を開く方法です。フランチャイズを展開している英会話教室はカリキュラムがしっかりしているので、ノウハウを学べます。

小学校で教員免許がなくても英語指導者を募集している場合があります。この場合、求人資格に「TOEICで750点以上」「英検2級以上」などが設けられています。

そのため、英語に関する資格を取得しておくと有利です。

児童英語教師になるために持っておくと有利な資格

児童英語教師としての資格はありませんが、就職するには英語に関する資格や経験が必要です。

そこで、役に立つ資格や検定について紹介します。

英語検定

日本英語検定が主催する検定試験です。1級から5級まであり英語力を証明するための指標になります。

TOEIC

英語でのコミュニケーション能力を評価するためのテストです。合否はなく点数の高さが評価になります。

児童英語インストラクター資格

小学校、児童向けの英語教師としての能力を証明できる資格です。

小学校英語指導者資格

小学校英語指導者認定協議会の資格です。この団体が主催する「指導者養成講座」を修了し、推薦が必要になります。

その他

教員免許や保育士免許を取得していると、小学校や保育園で英語を教えることができます。